レビトラはバイアグラの後発品で効果の持続時間が長い

世界で最初に勃起不全解消薬として開発されたものがバイアグラです。バイアグラは性行為の1時間前に服用し、5時間程の効果持続時間があります。副作用としては頭痛・ほてりがあり、9割という高い発現率が見られます。
このバイアグラの後発品として開発されたのがレビトラです。
効果・副作用の点ではバイアグラと同じですが、レビトラはより大きな容量を服用することが許されているのでバイアグラより長時間の効果の持続時間を得ることができます。
最大量の服用でバイアグラの2倍の長さの効果が得られるので、パートナーに服用を知られたくない場合にはバイアグラに比べて使いやすいと言えます。
パートナーと一緒に過ごしている時間のうち、空腹時を狙って服用をしなければならないだけでも内密にするのがなかなか難しいのですが、効果がどれくらい続くのかというのも内密に出来るかどうかに大きく影響するでしょう。
効果が長く続くということはそれだけ性生活を充実させる可能性を高めることになります。
性行為は男性器が勃起し、女性器に挿入している間だけを指すわけではなく、共に過ごしている時全てを指すわけですから、それを延ばすことが出来るようになったというのは後発品ならでは改良点であると言えます。
後発品のなかには先発品より効果が劣ってしまうものもありますが、レビトラは勃起不全解消薬として効果が最も高いとされているバイアグラの効果を残したまま改善されたところが大きな利点を持っています。
ただし、言うまでもなく医薬品であるために多くの容量を不必要であるのにわざわざ服用するのはリスクを高めるだけなので、それぞれの状況・体質を鑑みて望む持続時間を医師に相談の上で適量を服用することが大切です。