レビトラを正しい使用方法で精力アップ

レビトラは世界で2番目に開発されたEDを改善する飲み薬で、有効成分のバルデナフィルを含有しています。パッケージおよび錠剤がオレンジ色という特徴がありますが、外側のコーティングのみで中身は水に溶けやすい白色の薬剤となっています。体内への吸収が早いことから、その他のED治療薬に比べて即効性に優れ持続性もあるため、精力アップを求めるED患者に人気の高いものとなっています。レビトラは食事やアルコールの影響が受けにくい薬と言われていますが、まったく影響を受けないわけではないので使用方法は正しく理解しておきましょう。過度の食事や脂っこいものを食べた直後に服用すると、吸収が悪くなることから効果が発揮されるまでの時間が長くなるだけでなく、精力アップの効果も薄れてしまいます。基本的には性行為の1時間前に服用するのが良いのですが、最も効率の良い方法としては食事の1時間前に飲むか、食後2~3時間は経過した後に服用することです。飲む際は水かぬるま湯を使用しますが、どうしても用意できない場合はお酒で飲むこともできます。アルコールの影響も受けますが、性行為の緊張をほぐす程度の適量であれば問題はありません。ただし、深酒をするとレビトラの作用によってアルコールが回りやすくなるため、酔いが早くなったり倒れてしまう可能性もあるので、飲み過ぎには注意しましょう。血圧をコントロールするための降圧剤とは相性が悪く、併用禁忌薬なども存在するため、医師の指導に従って正しい方法で服用するようにしましょう。正しく使用して精力アップもできたけど、頭痛などの副作用が酷いという人は、体質が合っていない場合もあるので、無理に使用せずに医師に相談するようにします。